2012年04月20日

「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」

ガイ・リッチー、ロバート・ダウニーJrのシャーロック・ホームズ映画2作目。

最初に結論を言うと、1作目を見たときのインパクトはやっぱりなかった。

これは仕方がないですよね。

でもクライマックスの盛り上がりはなかなか良かったです。

1作目見て気に入っているのなら、見るのをおススメします。

思ったんですが、ホームズの推理描写が昔考えた「凡才が可能な天才描写」に似ている。

ゆうきまさみ先生か誰かが言ってたんですが、創作者は自分の知力を上回る知性の持ち主を描写することはできない。うむ、確かに自分より頭のいい人を描写するのは難しい。
でも例えば「頭の悪い自分だったら1日かかる推理を、1秒で出来る能力」とかの描写だったら出来る訳ですよ。
執筆に十分時間をかけてトリックをじっくり練ればいいわけですからね。
まあそれも執筆に必要な最低スキルは持った上でのことですが。

この映画のホームズは推理しているときに、今まで自分が得てきた情報を走馬灯のように頭の中で再生させて、それを映画のスクリーンで視聴者にも見せるかたちで描写しています。
普通の人間だったら見逃すか、忘れているようなささいな事柄を、そこで拾い上げているんですね。
原作のホームズを現在のハリウッドで実写化するという行為の、一つの解答だな、と思います。

メアリーが良かったなあ。
あと、オチはシャーロキアンなら当然分かってますよな終わり方でした。
滝壺に落ちる振りをして身を隠してこそシャーロック。





posted by たじまさん at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

「サロメ」チケット取り

うおー多部未華子ちゃんでサロメやるのか! 行くよ!
と思ってチケット取ったらS席の一番後ろ、一番端っこ。たじまさん涙目。
サロメって昔NHKの芸術劇場でやってた英国の劇団のやつしか見たことないのじゃ。
うちにたまたま新潮文庫の戯曲があったのでな、読んでみたけど、旧仮名遣いだったのじゃ。何年前のだよ! 誰が買ったんだろ。福田恒存訳ですよ。

ビアズリーの大きな絵のやつが欲しいなーと思って米Amazonで英語版買ったりしたのね。A5くらいだったかしら。サイズが。文庫よりは大きいですよね。ビアズリーの絵いいよね。好き。

でもそのあとでビアズリーの画集的なものを買ったので英語版はあんまり意味なくなった……。
が、録画してあるNHKの芸術劇場のやつが英語で演じられてて日本語字幕なので、英語のセリフが分かるのはいいですね。

サロメって元はフランス語だけどな!



こんど上演されるのは新訳版らしいですよ。

あとつかこうへい版サロメっていうのもあって、これは戯曲を読んだことしかないので上演されるのを見てみたい。ホモなの。サロメだけどホモなの。つかこうへいだからしょうがないな。誰か上演してくれぬかの。
タグ:多部未華子
posted by たじまさん at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オッス! おらぴあプレミアム会員!

リンダリンダをDM先行申し込みしようと思って見てみたら期間過ぎてた(^ω^)。
うおあああああ!(←バカ)
でも普通にぴあで申し込んだ。抽選結果が10日ですって奥様。チケット取れるといいね!


posted by たじまさん at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

JAP工房の牙狼展行きました

吉祥寺のJAP工房で土曜日から牙狼展が始まりました。
友達と3人で観に行きました。
劇中の衣装が飾られていて、写真も撮影出来ましたよ!
9.jpg
出入り口に号竜人がお出迎え
7.jpg
中に入るとギャノンさんいたー!
2.jpg
零の衣装。背中に注目。
ドリームキャッチャーの右下にある小さなワッペン、実はJAP工房のお店のワッペンです。私たちがずっと零の衣装に張り付いていたらお店の人が教えてくれました。
しかもワッペン売り物なのよね。1枚買いました。
もう一つ零の衣装についてるワッペンがあったのですが、最後の一つだったので、友達に譲った。また入荷せんかの……。
1.jpg
グローブタイプのシルヴァ。
ペンダントタイプもありましたよ。
4.jpg
レオの衣装。
6.jpg
翼の衣装。プリーツがすごい。
8.jpg
ワタリュ。

あと邪美と烈花の衣装もありました。

他に牙狼の鎧がありましたが、鋼牙の衣装はなかったよ。

各キャラクターのアクセサリーは売り物なんですけども、JAP工房のもとの商品をカスタマイズしたのが多いんですよーと店員さんが言っていた。たしかに龍崎さんぽいペンダントや零のペンダントの元になったと思われるようなのが売られていました。

楽しかったな〜
また行こう。
ていうか零のペンダント欲しい。ショーウィンドウの中のトランペットを見る黒人少年のようにペンダントを見つめていたたじまさんだったよ。


タグ:藤田玲 牙狼
posted by たじまさん at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やあ (´・ω・`)

ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「4月1日」なんだ。済まない。
謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、このサイトを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、このサイトを作ったんだ。

このサイトと例のサイトはジェットグラフィックスさんともリンデンさんとも実在の声優さんとも全く関係ありません。個人の妄想です。
キャラクターのモデルになったアバターには中の人がいますが紹介文の内容とはおおむね関係ありません。
posted by たじまさん at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット界隈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。