2012年04月20日

「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」

ガイ・リッチー、ロバート・ダウニーJrのシャーロック・ホームズ映画2作目。

最初に結論を言うと、1作目を見たときのインパクトはやっぱりなかった。

これは仕方がないですよね。

でもクライマックスの盛り上がりはなかなか良かったです。

1作目見て気に入っているのなら、見るのをおススメします。

思ったんですが、ホームズの推理描写が昔考えた「凡才が可能な天才描写」に似ている。

ゆうきまさみ先生か誰かが言ってたんですが、創作者は自分の知力を上回る知性の持ち主を描写することはできない。うむ、確かに自分より頭のいい人を描写するのは難しい。
でも例えば「頭の悪い自分だったら1日かかる推理を、1秒で出来る能力」とかの描写だったら出来る訳ですよ。
執筆に十分時間をかけてトリックをじっくり練ればいいわけですからね。
まあそれも執筆に必要な最低スキルは持った上でのことですが。

この映画のホームズは推理しているときに、今まで自分が得てきた情報を走馬灯のように頭の中で再生させて、それを映画のスクリーンで視聴者にも見せるかたちで描写しています。
普通の人間だったら見逃すか、忘れているようなささいな事柄を、そこで拾い上げているんですね。
原作のホームズを現在のハリウッドで実写化するという行為の、一つの解答だな、と思います。

メアリーが良かったなあ。
あと、オチはシャーロキアンなら当然分かってますよな終わり方でした。
滝壺に落ちる振りをして身を隠してこそシャーロック。





posted by たじまさん at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

「mirror」



今年の一月に上映してた映画のトレイラーがYouTubeにアップされていました。
ちなみに見に行ったときの感想はここ
これDVDとかにならないのかな?
タグ:遠藤公太朗
posted by たじまさん at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

「幻の湖」mixi2004年11月23日

mixiの日記の一部をこっちに転載しようと思います。
いつmixiを退会することになってもいいようにです。
というわけで2004年11月23日の日記です。


幻の迷画「幻の湖」をみました。

いや、聞きしに勝るひどい映画でした…。ひどいのも突っ込みどころもレビュー読んでて知っていましたが、実物を見てみるとまず全てのシーン・台詞が無駄だらけで冗長すぎるんですよ。だから見ていて面白くないというか退屈というかつらい…。一人でみてたらまさに「拷問」としか言いようのない状態。

そして台詞を途中で止めると言う台詞回しがとても多い「○○が××である」という文章を「○○が」で止めるような感じのです。そりゃあね、こっちも長年日本人やってますから省略されても何を続けるつもりだったのかは推測がつきますよ。でもそれを何度も使われるとそこはかとなく沸き上がる座りの悪い感じ。断言しろよ!と言いたくなります。ほんとにこの監督、脚本家として名を成してた人なんですか?と疑問に思う程でした。

主演、演技へただし。まあこれは新人だから仕方ないのかもしれませんが。なんかこう、下手くそに感情を込めて台詞を言うのですが、主人公の言動が異常すぎて見ていて気持ち悪いので、彼女が感情を表しても見ている方は全く感情移入出来ないんですね。飼い犬のシロの方がよっぽど芸達者で演技上手いです。

まああれです、言動がおかしいのは主人公だけじゃなくて出てる皆なんですけどね。主人公の職場のミーティングで、ことあるごとに同僚のかたせ梨乃がいじわるな台詞をいうのですが、見ているこっちにしてみればこの人の言う事の方がよっぽどまともなように思えます。
でもやっぱりキャストがそうそうたるもんですよ。菅井きんまで出ている。しかもチョイ役で!

母の知り合いが出ているシーンですが、「時代劇パートのお市の方の侍女その1」の役なので、つねに背景です。小さくて顔もよくわからないし台詞も一つもないや…。さびしい…。
でもこんな映画ですごい役やってたらそっちの方がさびしいかもしれません。

そういうわけで、この映画のレビューは読んでて面白いのでお薦めですが、映画本編はかなり精神的につらいので、体力がある物好きな人にしかお薦めできないかも…。
そういえば今週の「ブルータス」でみうらじゅんがこの映画紹介してました。さすがですね。

※この日記は元々は昔あったTajima Show Roomの掲示板記事を前提に書いているのですが、現在その掲示板はありません。そこには「母の知り合いが幻の湖に出演していたことが判明」というようなことが書いてありました。





posted by たじまさん at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

「4探。」

「4探。」という映画を見てまいりました。
1月15日のことです。もう2週間前のことですね。目当ては遠藤公太朗さん(´∀`*)。

4人の映画監督による4つのオムニバス映画で、主人公というかメインキャラクター……作品によってメインだったりサブだったりするキャラクターたちが共通して出てきます。

1話目「探偵事務所〜始まり〜」いかにして探偵となりしか
2話目「浮気調査」浮気調査の果てに
3話目「Mirror」殺しの仕事も受けてます?
4話目「TANTHEI/タンテイ」武闘派との闘争

↑正式なタイトルの横の文は私が作った一言説明文です。
大体こういう話だと思ってもらえればいいかと思います。

公太朗さんは3話の「Mirror」に出演。サイコでミステリーでマッドな作品。
これ以上言うとネタバレになっちゃうよ。なので書きません。
いやでもいいのかな。
どうかな。
ちなみに公太朗さん目当てに行ったことに関して言えば、大正解でした。
色々な公太朗さんが見られて大層満足でした。

IMGP0421.JPG

写真は映画館で特典で頂いた公太朗さんのサイン付き写真です。劇中の公太朗さんですね。ステッキー(´∀`*)。
タグ:遠藤公太朗
posted by たじまさん at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

「マリア」見るよ



今夜はクリスマスイブなのでマリアでも見るか! クリスチャンじゃないけど!
気分だ気分。

しかし預言のせいで幼子皆殺しとか、こえーよ! やりすぎだよ! 人の命軽過ぎだよ! いくら昔でも。

シドの出番は少ないのですが何せガブリエルなので神々しいです。
posted by たじまさん at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。