2012年05月30日

「エリザベート」



東宝ミュージカルのエリザベートを見て来ました。

感想としては、音楽やキャストのみなさんがよかった。

脚本演出についてはちょっと不満がある。

主人公エリザベートの描き方が踏み込みが足りないように思いました。

もっと思いっきりがっといった方が魅力的なんじゃないの?

演出の不満といっても、ダンスとか場の見せ方とかは良かったです。私が不満に思ったのは上記にもありますがエリザベートの描き方とトートとの関連性ですね。同じ素材でもっと萌えるものが出来そうなのになあ。なんかもったいないなあ!

エリザベートを見ていて思い出したのは我が国の皇太子に嫁いで来た雅子さんのことです。
エリザベートは色々同情すべき点があるのですが、条件的には雅子さんも一緒です。
だから雅子さんは本当に気の毒だと思いました。
そもそも現代的な価値観と、王家の一員となって機能することって、全然噛み合ないんだよな。

もう一つ思い出したのは、佐々木倫子のペパミントスパイの王室編です。
あの話は面白いんだよねー。
あんな感じに、バカで、中二病をこじらせていて、王族なのに市井の人間としての幸せを追い求めるなんてバカみたいな事をしでかしていて(だと思いますよ)、自己中心的であっても、魅力的でもある人物として描けていればよかったのにな……と思います。
変に美化しようとしてる感じが良くなかったんじゃないのかな。
あいまあいまに挟まる、ルキーニの説明セリフの中だけの「ダメな女としての」エリザベートの方が人間味があってよかったもんな。よかったというか、リアリティがあった。



おっと、これを忘れてはいけない。
ルドルフ役の古川雄大君。
良かったよ。ちゃんと歌って踊ってたしかっこ良かったよ。悲劇の王子様やってたよ。
母親のような気持ちで見守ってしまった(´Д⊂ヽ
これからも頑張って!

posted by たじまさん at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

「サロメ」チケット取り

うおー多部未華子ちゃんでサロメやるのか! 行くよ!
と思ってチケット取ったらS席の一番後ろ、一番端っこ。たじまさん涙目。
サロメって昔NHKの芸術劇場でやってた英国の劇団のやつしか見たことないのじゃ。
うちにたまたま新潮文庫の戯曲があったのでな、読んでみたけど、旧仮名遣いだったのじゃ。何年前のだよ! 誰が買ったんだろ。福田恒存訳ですよ。

ビアズリーの大きな絵のやつが欲しいなーと思って米Amazonで英語版買ったりしたのね。A5くらいだったかしら。サイズが。文庫よりは大きいですよね。ビアズリーの絵いいよね。好き。

でもそのあとでビアズリーの画集的なものを買ったので英語版はあんまり意味なくなった……。
が、録画してあるNHKの芸術劇場のやつが英語で演じられてて日本語字幕なので、英語のセリフが分かるのはいいですね。

サロメって元はフランス語だけどな!



こんど上演されるのは新訳版らしいですよ。

あとつかこうへい版サロメっていうのもあって、これは戯曲を読んだことしかないので上演されるのを見てみたい。ホモなの。サロメだけどホモなの。つかこうへいだからしょうがないな。誰か上演してくれぬかの。
タグ:多部未華子
posted by たじまさん at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オッス! おらぴあプレミアム会員!

リンダリンダをDM先行申し込みしようと思って見てみたら期間過ぎてた(^ω^)。
うおあああああ!(←バカ)
でも普通にぴあで申し込んだ。抽選結果が10日ですって奥様。チケット取れるといいね!


posted by たじまさん at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

「天使は瞳を閉じてインターナショナルバージョン」



明日は第三舞台解散公演の大千穐楽ということで、復習のために「天使は瞳を閉じて」イギリス公演のDVDを見ました。
日本語で演じて、舞台両脇の電光掲示板で英語翻訳セリフを表示していたそうですね。
日本で海外のオペラを上演するときも同じようなことをやりますよね。
あれってセリフをおいかけるの結構大変なんですよね。
マシンガントークだらけの第三舞台の芝居なので観客のイギリス人は見るのが大変だったんじゃないの?

去年「虚構の劇団」版のてんとじを見ているので、それとの差が割とあると思いました。
冒頭が変わっているのは、去年あった津波による原発事故を踏まえてのことで、当然の翻案だと思います。
が、他にも色々と違いがありますよね。
時代が違うから変えないとおかしいところがあるというのもありますし、演じている役者がマスター(大高さん)以外は別の人というのが大きいと思います。結果としては別の芝居になっていたと思います。元来宛て書きで書かれた作品なので、オリジナルキャストが素晴らしいのは当然なのですが、虚構の劇団版の方がいいなーと思ったところもちょこちょこありました。

天使は瞳を閉じてはとても悲しいお話なんですよね。どうしてこんな悲しい話を書けるんだろうなあ鴻上さんは。

明日はまた「深呼吸する惑星」が見られるんですけど、てんとじに出ている勝村さん、利根川さんが出てないのが悲しい。
「深呼吸する惑星」は現状求め得る最高のキャスティングで上演される第三舞台の公演ではありますが、それでも若干役者さんが欠けているのが寂しい。
でも出演してる人達の顔ぶれを見ると、今現在これだけのメンバーを集めたのは凄いことだと思うのです。
ありがたやありがたや。
posted by たじまさん at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

「深呼吸する惑星」1〜4周

第三舞台封印解除そして解散公演、結局4回行きました。
感想か? 長いぞ。折り畳むこととする。


続きを読む
posted by たじまさん at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。