2009年05月08日

何でも「ニート」言い過ぎな件

JCASTニュースの「フェンシング銀の太田 1日8時間練習でニートなのか」という記事の話。

記事を読む限り、太田選手は明らかにニートじゃないだろうなあ。
ニートの「定義」が片手落ちだというのもあるのでしょう。定義に当てはまなければ「ニートではない」けど、定義に全て当てはまってもなお、その他の要件で「ニートではない」場合もあるというか。

少なくとも肉親以外に「スポンサーがつくような」ことは、一般定義のニートではない。太田選手には実績や目標あったからこそそれがあったのだろうし。

また、周囲(この場合特にマスコミ)が「ニート」で騒ぎすぎてるとも思います。「ニート」言い過ぎ。

本人が自称したのは謙遜…というか、軽い自虐と逆に強い自尊を込めた言い方で、友達が彼のことを「まるでニート」と言ったのも(このときの使い方としても「言い過ぎ」な部分だとは思うけど)友達という「親しい間柄」で「私的」に交わされた言葉であって、部外者や親しくもない人がニート呼ばわりするのは間違っていると思う。恋人同士で交わされる「バカ」という言葉と、第三者同士で交わされる「バカ」という言葉が、明らかに意味が違うようなもので。
ネタ発言にマジ回答、みたいな。


上記とは別に「ニート言い過ぎ」で気になってたのが超力兵団の鳴海のことです。
ここで内容が遊んでるゲームの方に変わります。言いたいことは同じなんだけど。
ネット上で葛葉ライドウのプレイ日記や感想や攻略記事などを見かけると、鳴海をニート呼ばわりしてる人が多い。
しかしゲームをやった人はわかると思うけど、仕事をライドウに押しつけて本人は仕事をしてない風ではあるけど、実際は昼行灯を装ってるだけで、仕事をしないわけではない。
というかそもそもいくらヤタガラスの出先機関とは言え、自分の名前で探偵社の看板出してる段階でニートの定義からは外れるわけで。

誰でも自分たちの側に「引きつけて」考える傾向があると思うので、ネットユーザーの人たちは鳴海に「ニート」のレッテルを貼ることによって面白がったり親近感を覚えたりしたかったのだと思うけど、実際には定義からも実態からも外れているので、最初の方はともかくいつまでも鳴海をニート言ってる人は「言い過ぎ」だと思うんですよ。

鳴海に関していうと、麻雀で金を大量に巻き上げられたユーザーも多かったみたいで、それで余計憎しみを込めて蔑称的に「ニート」呼んでる人もいるみたいでしたが。

ちなみにあれ、麻雀をある程度やる人だったらお金が儲かるくらいの難易度設定らしいですね。だから鳴海に大量に巻き上げられた人ってよっぽど……いや、それだけ巻き上げられても果敢にチャレンジしたギャンブラー精神がすごいと言うべきか。
私の場合は麻雀は全く嗜まないので、試しに1、2度はプレイしましたが当然勝てる訳もなく、すぐにやめてしまったので、損はしたけど、鳴海がどうとか思うところまでは遊んでないなぁ。

超力兵団の鳴海がライドウに仕事を押しつける前半部分は、彼がまだ前職での経験で「燃え尽き症候群」になっている状態を表しているキャラ描写だと思います。
アバドン王では普通に探偵してますね。勿論悪魔絡みの仕事はライドウがやるんだけど。それまで鳴海がやったら主人公がやることなくなっちゃうもんね。
超力兵団事件での経験を経て少しは立ち直れたってことなのでしょう。

posted by たじまさん at 14:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはヘムヘムです。

ニートの定義も原型は病気や
怪我等で働けない人間だったのに
日本は働く意思がなければニート
という誤解が公然とまかり通って
ますね。

国が定義したのも一因で
はありますが…

超力兵団の鳴海もユーザーから
見た描写だといつも座ってたり、
電話の依頼を(意図はとにかく)
特定の依頼でないとだめと断った
り、挙げ句麻雀で未成年?の
ライドウ(と悪魔達)から金を
巻き上げてるに等しいぐらい
強敵だったり等働く意思がない
と言ってもいいぐらい暇そうに
してることに皮肉込めてニート
と言うあだ名になったんでしょう。

比較対象も封建社会の中で新聞
記者として翻弄するタエさんや
何かしら売ってる金剛屋の店主に
敵役も操られていたとはいえ
富国強兵の為に全力を尽くす宗像
に裏で支援したり最後は悲惨な
ことになってるラスプーチン。
何より始終帝都守護(とやりこみ)
で帝都を駆け回る主人公の葛葉
ライドウとサポート役の業斗童子
と周りはストーリーに大きく絡む
だけに鳴海の活躍したのって…

アバドン王ではそれらが(麻雀を
除く)改善され何かしら協力的
というより前作よりましになった
が余計に前作でもやってれば…

人は見かけによらずですが
やはり印象で決めつけられる
のもまた事実です。
皮肉にも葛葉一族の謎が多い
ぐらい鳴海が何故暇そうなのか
は誰にも分かりません。
Posted by ヘムヘム at 2015年05月02日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。