2012年06月26日

特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」

国立博物館で開催されていた特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」に行きました。

行く予定でいたのですが、すっかり忘れていて、ハッと気がついたら6月7日。国立博物館での開催は10日まで。開催終了間際の土日なんかに行ったら、朝イチで行っても混む。地獄の様に混む。以前国立博物館の仏像展で懲りていた私は、会社に「金曜日休みます!」と連絡し、朝一番で国立博物館へと向かったのだった。

内容はね、いやー良かった。実に良かった。
実は展示内容の目玉については半年以上前に知っていた。
去年の11月頃、当時勤めていた会社で出向に出されていて、出向先の会社で、「ボストン美術館展の美術品のミニチュアのガチャ」という、誰得なのかイマイチわからない企画商品の、カプセルの中に同梱されるミニ冊子…というか、小さい紙を更に折畳んだやつ。あれね。あれのデザインの仕事をやったのね。それにガチャの内容物一通り掲載されているので。ただ当時は、海外に流出したままそこで展示されることもなく収蔵されていた日本美術の逸品作品というのには気がついてなくて。ボストン美術館も沢山日本美術持っているんだすごいなーくらいに思っていました。
早速会場でガチャを見つけてですね、普段ガチャやらないんですけど、折角ですから記念にやってみました。
やった! 当たりだ!(龍の絵のやつと鸚鵡の絵が当った)
まあどれが出てもまあまあ嬉しいですけど。でも馬頭観音よりは鸚鵡の方が好みかな。
で、自分がやった同梱されている印刷物をチェックしたのですが……
仕事したのがかなり前だし、他にも色々な仕事をやっていたので、記憶が定かでないのだが、私が作ったデータとは表紙が違う気がする。正規のボストン美術館展のロゴに差し変わっている。あれだろ、どうせまた、あとから「ロゴ使ってください」ってデータが送られてきたパターンだろ? 分かってるんだよ。ありがちなんだよ。最初からロゴ渡せよ!
私が出向先からいなくなった後に、誰かがクライアントの指示で直したんでしょうね。お疲れさまです。

龍の襖の絵がやはり一番インパクトありましたな……。今でもかなり覚えてます。
竜虎の絵もよかったですな。
鸚鵡もよかったですな。
あと、四季の絵を書いた襖だか屏風だかがあったのですが、小鳥さんがかわいかった。
日本刀コレクションは、洋の東西を問わずみんな日本刀好きなんだなーと思った。

ちなみに私の母(大学は美術科の日本画専攻)は、見たい絵がボストンに渡っていると知って、ボストンに行けば見られるのかと渡米してボストン美術館に行ってみたらば、展示されてなかったという過去を持つ悲しい人です。
その絵は今回の特別展で日本に里帰りしていて、母は見事に雪辱を果たせたわけです。
曼荼羅の絵らしい。

平治物語の絵巻物はめっちゃ今年の大河のネタバレでした。ネタバレもいいとこでした。ちゃんとネタバレ注意って書いておけよ!

ミュージアムショップで龍の絵のグリーティングカードを購入。
よし、今年の○○さんの誕生日プレゼントを贈るときのカードはこれで決まりだな。辰年で今年年男だから。

仏像もよいのが色々あったなあー。

フェロノサさんという方が熱心に日本で美術品を収集していたそうですが、これだけの逸品を大量にコレクションした影には、結構どうしようもない品物を掴まされた経験も少なからずあるんじゃないかと邪推。つまりこれだけのコレクションを集めるのにどれだけかかったのか考えると気が遠くなりますね。
もっとも当時は廃仏毀釈の時代で、仏像の外部流出が普通にあったとか……。そのために多くの美術的骨董的歴史的価値のあるものが失われたんでしょうね。これからの教訓にしてほしいです。

ボストン美術館展は東京での開催は終わりましたが、今後全国を回るみたい(今は名古屋でやっているようだ)なので、皆さん是非足を運んでみてください。

そうそう、最後の平日の金曜日の午前中に行った私なのですが、やはりすごく混んでいて入場制限していました。入るまでに30分くらい外で待ちました。

ボストン美術館展を見たあとは常設展の方の建物のミュージアムショップに行って、鳥獣戯画の絵はがきを買いました。
これ、手元に欲しかったんだよねー。
ほんとは画集が良かったんだけど、手頃なのは絵はがきくらいしかなかった……。
鳥獣戯画の絵は本当に絵が上手くて、絵巻物の絵を描かせたら右に出るものはいないくらいの才能の持ち主だなあと思うのです。すごい。

国立博物館を後にしたら、まだ時間があったので、会社に「これから出社します!」と連絡を入れて、出社して、働きました。休まなくて済んで良かった良かった。しかしその後、がっちり仕事したあと、比較的早めに退社したのだった。なぜかというと。
そう、その日は「マルクトサウンドスケープ」の日だったのである(続く)。




posted by たじまさん at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

「エリザベート」



東宝ミュージカルのエリザベートを見て来ました。

感想としては、音楽やキャストのみなさんがよかった。

脚本演出についてはちょっと不満がある。

主人公エリザベートの描き方が踏み込みが足りないように思いました。

もっと思いっきりがっといった方が魅力的なんじゃないの?

演出の不満といっても、ダンスとか場の見せ方とかは良かったです。私が不満に思ったのは上記にもありますがエリザベートの描き方とトートとの関連性ですね。同じ素材でもっと萌えるものが出来そうなのになあ。なんかもったいないなあ!

エリザベートを見ていて思い出したのは我が国の皇太子に嫁いで来た雅子さんのことです。
エリザベートは色々同情すべき点があるのですが、条件的には雅子さんも一緒です。
だから雅子さんは本当に気の毒だと思いました。
そもそも現代的な価値観と、王家の一員となって機能することって、全然噛み合ないんだよな。

もう一つ思い出したのは、佐々木倫子のペパミントスパイの王室編です。
あの話は面白いんだよねー。
あんな感じに、バカで、中二病をこじらせていて、王族なのに市井の人間としての幸せを追い求めるなんてバカみたいな事をしでかしていて(だと思いますよ)、自己中心的であっても、魅力的でもある人物として描けていればよかったのにな……と思います。
変に美化しようとしてる感じが良くなかったんじゃないのかな。
あいまあいまに挟まる、ルキーニの説明セリフの中だけの「ダメな女としての」エリザベートの方が人間味があってよかったもんな。よかったというか、リアリティがあった。



おっと、これを忘れてはいけない。
ルドルフ役の古川雄大君。
良かったよ。ちゃんと歌って踊ってたしかっこ良かったよ。悲劇の王子様やってたよ。
母親のような気持ちで見守ってしまった(´Д⊂ヽ
これからも頑張って!

posted by たじまさん at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

大熱波の日2012

あと20年で大熱波だ!

何となくSecondlife内で記念撮影する大熱波の日。

Snapshot_001.png

みんな神経塔潜ろうぜ!





私が昔作った攻略サイトもよろしくね!
posted by たじまさん at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

一人渋谷お別れ会

神楽坂・秋葉原・市ヶ谷・渋谷・青山一丁目と、都心に勤めることの多かった最近なのですが、今度地元に比較的近い場所の会社に勤務することになりました。
そうなるといままでみたいに気軽に渋谷で飲んで帰るとか出来なくなります。今までだってそんな頻繁には飲んでませんけど。
そんなわけで、別に渋谷に行かなくなるわけではないけれど、出没頻度は下がってしまうだろうということで、お気に入りのバーを回ってみることにしました。
といっても一晩で全部回るとか無理なので。二日に分けて2軒ずつ。2杯ずつです。

その1 東武ホテルのバー・ラフィーネ
A:1杯目 ジントニック
B:2杯目 アベラワー ロック

その2 bar cacoi
C:1杯目 湘南ゴールド
D:2杯目 サフランのジンのジントニック

その3 bar Foxy
E:1杯目 生トマトを使ったブラッディ・メアリー
F:2杯目 巨峰のハーブティーを漬け込んだ葡萄のウオッカのトニックウォーター割

その4 松濤倶楽部
G:1杯目 生イチゴのマティーニ
I:2杯目 Cardhu ロック

A
んまかった。ジントニックはどこでも外れがないカクテルだけどこのバーのジントニックは特別。

B
んまかった。飲みやすかった。

C
んまかった。定期的に飲みたくなる病。

D
んまかった。清涼飲料水のような爽やかさだった。

E
んまかった。カクテルというよりトマトの冷製スープという感じ。すいすい飲めてしまった。

F
んまかった。すごく葡萄葡萄したお酒だけどワインじゃないのよ。

G
んまかった。果物の実物を使ったカクテル大好きで特にイチゴ大好き。ジンも大好き。美味くないわけなかった。

I
んまかった。飲みやすかった。


ラフィーネはすごく久しぶりに行ったら伊達さんがいなくて、聞いてみたら今度開業するスカイツリーのレストランに配置換えされたらしい。ああ、東武だもんね……
6月2日と3日にラフィーネでモルトウイスキーの試飲会イベントをやるんですって!
気になる人は電話とかで問い合わせてみるといいと思うの。
男性4千円女性3千円でウイスキー試飲し放題なんですって。といっても食べ物メニューはないらしいけど。

cacoiは言ってみたら大場さんが風邪を引いていてひどい声だった。バーテンダーさんがのどやられると結構仕事に支障が出るなと思いました。たまたまカウンターに他に客がいなかったので色々お話などする。

Foxyは「リブログしてますよ!」と声をかけられた。tumblrのことかー!!!
Twitter界隈のバズワードについてひとしきり話したりした。

松濤倶楽部は他のバーと違って今まで一度しか行った事がないので行きつけという程でもないけど、でも良いお店です。中島らもの「今夜、すベてのバーで」の話などをした。

普段はこんな頻度でバーに行く事ないのですが。今回はちょっと特別に。はしごしてみた記録でした。どの酒も美味かった。幸せ。
1日4杯というのは自分的にはギリギリです。これ以上は無理です。
posted by たじまさん at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「HELLSING official guide book」

HELLSING official guide book買ったー!!
近所の本屋が「入荷してません」とか抜かしやがるので、取り寄せてやったわ! ふはは!

というわけでヘルシングオフィシャルガイドブックです。内容的には「本編読めばいいじゃん」な部分も多いですが、平野耕太先生の生の声が聞けるインタビューは素晴らしかったです。

ハインケルはふたなりということになってしまったんですね。最初は杉田智和さんが予定されていたとか。ふたなりということになって変更されたとか。えーと、つまり最初は男性キャラだと思われてたんですね。私は読み切りのハインケルを見て女性だと思ってました……。

ヘルシング女性ファンによる座談会という、割とどうでもいいような内容のコンテンツもあるのですが、女性でヘルシングファンという段階で「……お察しください……」って感じですので、そういう意味で「どうでもいいけど読み応えはある」という訳の分からないことになっていました。個人的には「ヘルシングは作者が男性なのに女性キャラが添え物扱いでなくて女性から見ても魅力的」というような評に『なるほど、そうだなあ』と思ったりしました。
平野先生本人はインタビューで、ファンの男女比が9:1とかおっしゃってましたが、どうなのかなあ。分かりにくいだけで女性ファンも多いと思うけどなあ。というか私の回りの女性の漫画読みは大体ヘルシング好きだけどなあ。たじまさんの回りという段階ですごく偏りがあるんですけどね。

インタビューはもう本当に読み応えのある充実した内容なので四の五の言わずに見てくださいとしか言えないのですが、意外に思ったのが、ゾーリン姉さんの不人気。そもそもゾーリン姉さんは身体の半身に呪文みたいのがびっちり書き込まれているので、漫画制作の現場ですごく嫌われていて、その理由で作者も嫌っていて、死に方が紅葉下ろしだったのもそのせいらしいです。うん、まあ、でも、そういうデザインにしちゃったんだからしょうがないよね。ゾーリン姉さんの責ではないような気がしますね。
でも「人気もないし」とか平野先生が言ってて『そうか、姉さん人気ないのか……』と寂しくなりました。
私は結構好きなんだけどな。
ヘルシングの登場人物の中では20番目くらいに。

あと、少佐の部下たちの中で「大尉だけが本物の人狼」という記述があったのですが、え、そうなの?
私はゾーリン姉さんやリップバーン、シュレディンガーなど、人外の能力があるキャラはみんな人狼なのかと思っていた。リップバーンは真っ昼間に太陽にあたってたから少なくとも吸血鬼じゃないみたいだし。じゃあなんであんな人外な能力持ってるんだろう、みんな。アルハンブラあたりだと人狼というより「頑張って強化した人間」くらいな感じがしますが。



それにしてもヘルシングといえば思い出すのが、単行本が4〜5巻辺りまで出た頃に、加野瀬さんとどっかで雑談していたときに「最近楽しみな漫画」ということでヘルシングの名前出したら「えーでもなんかもう謎とかわかっちゃったなーって感じじゃないですか?」とかいうようなレスポンスをもらったことです。そりゃまあ敵はナチスの残党ミレニアムと分かった段階で最初に提示された敵の組織の謎っぽいところは明らかにされちゃった感はありましたけど、でも結局その後実際にどうなってどう戦ってどう決着をつけるのかというところが実物を見てみない事にはなんとも言えない訳ではないですかぁ!
という具合にオタクは好きな作品をdisられた記憶はいつまで経っても忘れないもんだなと思いました。加野瀬さん今となっては付き合いないのに。でも昔貸した同人誌返してください。よろしく。

posted by たじまさん at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。